• 死にたい人、自分の末路を見なさいな😻

     皆さん、こんにちは。自殺防止サイトを多数制作した齋藤健一です。

     さて、当サイトは、見世物小屋という主旨で営業しております。まあ、見世物小屋と言っても、人権意識の高まり等により、現代では、最早、見世物小屋自体、存在しないか、存在してもごく僅かです。

     まあ、内容も、150年前の見世物小屋みたいに、奇形の人をモロに展示するとかは不可能です。現代でそれをやったら、猛烈な批判に晒されてしまいます。なので、ネット以外の現実世界では、日本国内でも、海外でも、見世物小屋は絶滅危惧種ですね。

     まあ、そもそも、見世物小屋というのは、芸人による超人的な芸、奇形の動物や人間の展示、不可思議な物体の展示(河童のミイラ等)とか、普段の生活ではお目に掛かれないようなものを展示してお金を徴収している所です。

     江戸時代や明治時代では、けっこうな人気がありました。しかし、徐々に衰退しました。まあ、人権意識の発展というのもありますが、それ以上に、現代では、ユーチューブ等の無料で見られる動画配信サイトやテレビの面白人間の特集とかで、無料でびっくりする対象物が見られるようになってしまった為でしょう。まあ、それでも、やはり実際の見世物小屋に行って観覧するというのは一味違うと思いますけどね。

     で、当サイトは、ネット上での見世物小屋です。それも、自殺防止サイトの一つとして営業しております。まあ、お代は、任意の額でけっこうですので、齋藤健一の口座に振り込んでくだされば嬉しく思います。振込先の情報は、当サイト内に沢山の寄付募集のバナーが貼ってあります。そこをクリックしてください。

     それで、なんで見世物小屋と自殺防止サイトが結びつくのか?と言えば、まあ、簡単に言えば、ハッキリ言えば、グロい自殺者の様子を見世物として展示することにより、自殺防止効果を狙っています。

     いくら死にたいとはいえ、死後に自分がこのような超醜い姿になると事前に理解したならば、人間、躊躇すると思うからです。まあ、死にたい人達全員を救える訳ではないと思いますが、自殺志願者の内、晒し者にされた自殺者の醜い姿を見たならば、幾らかの人達は実際に自殺を止めるでしょう。その自殺防止効果を狙って、自殺者の見世物小屋を営業している次第です。

     まあ、だから、あなたも、自殺は中止しなさいな。

     ちなみに、昔の海外で見世物にされていた人達を少し紹介します。日本人の見世物小屋で働いていた日本人の奇形の人の写真は、ネットで探してもありませんでした。まあ、あっても、親族や子孫の人達からクレームが来たら嫌なので、展示しませんけど。

     まあ、他人から見れば、この人達は自分の奇形を晒し者にされているので、とても可哀そうな人達と思うかもしれません。しかし、案外、こういう人達は芯が強い。また、当然、出演料、つまりギャラも貰えていたので、ずっと自宅に引きこもり生活を続けていた奇形の人達よりかは、遥かにお金持ちだったろうから、まあ、安易に[不幸な人達]と断じるのも、また偏見だと思いますがね。大事なのは、本人がどう思っていたのか?だと思います。けっこうな人気者の奇形の人もいたらしいから。スター扱いですね。

     脚が四本ある女性。内側の小さな脚は、それ単体で立つことは出来なかったが、動かせた。それぞれ大きな脚と小さな脚の間にマンコがあり、二つのマンコがあった。なので、どちらのマンコでも性交出来たらしい。で、旦那と子作りして、産婦人科医に見せたら、こっちの子宮で妊娠してますとか言われたけど、「先生、そっちのマンコでは性交してませんけど」みたいなことを言ったらしい。なんか、子宮も二つあり、どっちの子宮でも妊娠できたとかなんとか。まあ、他人が思う程、別に不幸を感じていなかったと思うけどな。

     脚が逆方向に曲がっている女性。性交するとしたら、果たしてどういう体位になるのだろうか。まあ、私は性欲が強いので、どうしてもそっち方面に目が行ってしまいますね。

     上の写真と同一人物。サーカスに入団した時の写真らしい。

     上の写真と同一人物。可愛い。マンコぺろぺろ(*´Д`)。

     頭が二つある女性。まあ、頭部が二つ、つまり脳味噌が二つあるので、どっちの頭部にも意識があるのならば、まあ、二人ということになります。でも、身体は一人分。この女性と性交する時は、正常位なら、交互にキス出来ますね。はあはあ(*´Д`)。体がくっ付いているので、二人と性交しても、これは不倫にはなりませんね。純愛ですね。はあはあ(*´Д`)。

     つーか、若い女ばかり紹介してますけど、若い女の方が華があるからいいじゃん。ババアとか男とかはどーでもいい。

     日本人の見世物小屋で働いていた人の写真はないと前述しましたが、探したらありました。まあ、障害者ではありませんが。生の蛇を食べるギャル。可愛い!はあはあ(*´Д`)。ぺろぺろ。

     既に紹介した[脚が四本ある女性]とは別の[脚が四本ある女性]です。こっちのギャルの脚は、内側の脚も、外側の脚と同じ太さ大きさですね。なんか、本来双子だったが、もう一人の方は、脚だけ残して消滅したらしい。まあ、内側の脚では歩行出来なかったらしい。このギャルのマンコも、二つあったのでしょうか?はあはあ(*´Д`)。おまんこ拝みたい😻奇形の男とかはどうでもいいから、このギャルのマンコの拝観料だけで一人千円取れるだろう!

     まあ、という訳で、まあ、自殺者として見世物になりたくないのならば、寿命が来るまでは生きなさい。なにも人間の寿命が平均で六百年あるという訳ではないのだから。まあ、百歳越えてもまだお迎えが来ない人もいますけど。でも、大抵の人は、せいぜい八十年位で死にますから。早ければ六十代頃に死ねるしな。

     まあ、どうしても、小学生とか中学生は、生きている年数が少ないので、つまり分母の数が少ないので、一年の経過がとても長く感じるかもしれない。しかし、生き続けていれば、一年が加速度的に早くなります。時間としては小学生の時と同じ時間しか経過していないのだが、体感速度が物凄く早くなります。「えっ?もう年末なの?ついこの前、お正月だったのに・・・」ということの連続です。

     まあ、なので、六十年とか七十年なんて、あっという間だと思います。時は止まってくれないから。だから、寿命を迎えるまで、何とか生きて下さいね。

     まあ、生き続けていれば、なんか良いことがあるかもしれないし、人生の状況自体が好転するかもしれないからな。まあ、自殺をすれば、マジで不幸になるからな。人は死後にも意識が存続するから。自殺者は自殺をした罰を受けるからな。まあ、それは、私が制作した別サイトに載っている[自殺してはならない霊的な理由]を参照してくれ。


    死にたい人へのメッセージ(静)

    死にたい人へのメッセージ(動)

    有料エロサイトに入会しよう

    齋藤健一へ恩返しをしよう!